FC2ブログ

前略讃岐サポ太郎様より

TN0_0218.jpg


帰ってきた
 おやじサポのわやな話

読み、遊び、フェイント
 師匠に学び壁越えろ
 
 おおっ、生島に4000人集まったのか。なんか、長年の壁を一つ越えた感じやね。そ
して、記念すべき試合を決めたのが、FW木島。ここぞの2ゴールはさすがや。師匠と呼
びたい。
 ▽予測外し囮
 ようつべで見ると、前半の1点目は後方からの長いパスに反応し、低く押さえたミドル
シュート。相手守備陣の「まだ打たないだろうという」という予測を外し、ゴール前に走
り込んでいたFW西野も囮に使ったように見えた。
 後半の2点目は、ドリブルで突っ込んでPKをもらってる。ドリブル突破は前半から再
三試みていて、相手DFが足を出せばファウル、足を出さなければ決定的チャンスという
間合いを見事に読んでいるのでは。また、こけかたが上手なんや。柔らかくころころ転が
って、あれならなかなか怪我せんわ。
 ▽真面目な讃岐勢
 ベテラン木島はシュートのパターンが多い。イメージが豊かだからできるんやろ。蹴る、
止めるの基本技術が、うちでは誰よりも正確なんちゃうか。何より感心するのが、状況に
応じた駆け引きの巧みさ。例えば「DFはついてこれないな」と読んだら、ドリブルでし
つこく仕掛ける。
 おしなべて讃岐の選手は真面目なんや。話をしても、純粋な気持ちのええ奴らや。そん
な連中が、愚直に走って守ってつなぐから、ただいま首位にいるのは間違いない。ただ、
駆け引きは苦手なんよ。その点、木島はちょっと違う。いつでも相手が嫌がること、想定
していないことをやろうとし、あれこれフェイントを仕掛けている。
 ▽脱・生じょうゆ
 もちろん日常生活ではいかんで。フェイントの精神は。要は「騙し」なんやから。けど、
プロの勝負事の世界では大いにあり。その根底にある「遊び心」なくして、観客を魅了で
きるプレーができるものかい。
 「かけ」「生じょうゆ」がとってもおいしい、わが釜魂屋ではありますが。Jが見えて
きたことでもありますし…。そろそろ木島師匠を見習って、職人さんそれぞれ、だしに工
夫、トッピングに創意ありでお願いします。




今週、ずんやり旅に出ておりました
久しぶりに故郷高松に帰ってきたらカマタマ戦士が増えとりました

↓ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村






前略讃岐サポ太郎様より

MIO_4379.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話

Jへ本気の大補強
 競争激化、サポ瞠目
 
 おい、うちの財布は大丈夫なんかい―。と、思わず心配したくなるような大
補強やないか。J1・J2で通算286得点のベテランFW、JFLレギュラ
ー級のMFとSB。今季は「夏場の失速」を回避し、本気でJ2に上がる気な
んやな。こりゃ、ゴール裏やボランティアはますます燃えるな~。
 ▽北野チルドレン
 目玉はFWの高橋泰や。32歳のベテラン。2009年にはJ2の熊本で4
4得点を記録し、2年前の11年にはJ1福岡で21得点を挙げている。熊本
時代に指導した北野誠監督の誘いに応じてくれたんかな。
 さっそくブログに「愛媛FCになんの貢献も出来ず申し訳ない」「サッカー
選手としてよりチャンスの多い場所にトライする」と書き込んでる。
 MF岡村和哉、SBの持留新作はともに25歳。去年まで長崎(当時JFL、
現J2)のレギュラーやった。岡村も北野チルドレンの1人や。持留はガンバ
大阪ユースで10番を背負っていたという情報もあるで。
 半年間の期限付き移籍とはいえ、シーズン中に3人も即戦力を補強するのは
初めてやろ。例年、フロントは「無い袖は振れん」の一点張りやったのに。
 ▽先発争い激化
 レギュラー争いが激化することは間違いない。特にFW陣は大変や。高橋、
木島で2トップを組むなら、西野はどうすんな。そういえば、トノは試合終盤
の守備固めでSBに入ってたことがあったな。手薄なDF兼務か、まさかね。
昨季のチーム得点王・石田の巻き返しはどうなる…。
 岡村の加入で山本、アンドレア、綱田、大沢、関原のMF陣は安閑としてお
れんな。SBは持留と吉沢、天羽、堀河の争いや。
 今のレギュラー陣は、四国リーグ当時のメンバーよりずっとうまい。それで
も上には上がいる。これがJ、これがプロの世界の厳しさなんやな。
 ▽見届ける
 サポは、それぞれひいきの選手がおるもんや。「うどん屋で一緒になった」
「新聞を見たらイケメンだったから」。きっかけはささいなことだったりする。
 ひいき選手が試合に出ないとつまらない。レギュラー争いに敗れて退団なん
て見たくもない。一方で新加入選手のプレーは新鮮に映るし、ゴラッソには拍
手を送りたい。サポの心は常に愛情と好奇心の間で揺れている。
 そやけん、きれい事を言うてもしゃあない。チーム内で納得ゆくまで徹底的
に競い合ってくれ、と言うしかないやろ。一つだけ約束しよう。目を凝らして、
一部始終を最後まで見届けるけん。
MIO_4386.jpg
↓ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





前略讃岐サポ太郎様より

MIO_4302.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話

釜魂売ります!
 胸スポの効果

 「年間5000万円なんて安い買い物だと思うよ」。なんと心強い。これは、わしの知
り合いの元スポーツ記者が言うたんや。うまくいけば来季からJ2、悪くてもJ3に参加
する讃岐の胸スポンサーになる効果は大きいというのや。ただし、プレゼンが肝心とは強
調してた。「釜魂」売ります!、やね。
 ▽知名度アップ
 この元スポーツ記者はプロ野球や大相撲を長年取材した本格派や。地域スポーツの事情
にも詳しい。
 彼が言うには「いいかい、楽天やオリックスがプロ野球団を買収していなければ、今日
のような知名度はなかった」「オーナーが政府系会議の委員に就任することもなかったろ
う」。ふ~ん、そんなものかね。
 わしは「球団買収で売り上げは伸びたのか」と聞いてみた。すると彼は「目先のメリッ
トよりも」と前置きして、意外なことを語った。「世の親は、子供が名前も聞いた事がな
い企業に就職したいと言い出したら不安に思うだろ」「企業名が全国的に知られていれば、
親が安心するからいい人材が入社してくるんだ」。へ~、そうなんや~。
 ▽プレゼン肝心
 わしは、もう一つ疑問をぶつけた。「地方でも海外を相手に商売してる優良企業が結構
ある。その場合、国内で宣伝するメリットはないぞ」。彼に言わせれば、これは違うんや
。「アジアでもヨーロッパでも中東でも、サッカーチームを支援してることがステータス
になる。野球より断然サッカー。話が早いんだ」。ふむふむ、なるほど。
 彼は、こうも言うてたで。「讃岐は、例えば楽天のような先行事例を研究して、分かり
やすくプレゼンできてないんじゃないか」。う~ん、フロントの仕事ぶりはよう分からん。
まあ、あまりプレゼンいうイメージじゃないよなあ。
 ▽伸び代あり
 念のため。これはフロント批判ではないよ。この蹴球団には「伸び代あり」という、一
つの見方を紹介してみた。
 「うどん県」の胸ロゴもええけど、それだけじゃないカマタマーレ!











ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村









前略讃岐サポ太郎様より

MIO_5071.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話

ケンタは元気だ
 園児にスルーパス

 ケンタは元気そうだな―。讃岐のHPをのぞくと、昨年末に引退した名ボランチ・中島
健太が写ってる写真が時々出てくる。「キャラバン隊長」として県内各地を歩き回り、幼
稚園児らとサッカーボールを使って遊んでる。サポは辞めた選手の消息は気になるものや。
こうして身近なところで頑張っていてくれるとほっとする。
 ▽昇格に貢献
 ケンタは、四国リーグ最後の年にJFL横河武蔵野から移籍してきた。中盤の守備的M
FとしてJFL昇格に貢献した。昇格後は2年間レギュラーを張った。故障が増え、昨年
末に引退した。まだ28歳の若さやった。
 北野誠監督が引導を渡したと聞いている。今季加わった同ポジションの山本翔平のプレ
ーを観ると、残念ながらケンタは限界だったのかと思う。
 ▽はまり役
 讃岐が引退選手をスタッフとして雇うのは初めてじゃないか。かつてオファーされたあ
る選手は「もうスター扱いはできんぞ」とフロント幹部に言われ、頭に来て蹴っちゃった。
ケンタはオファーを受けた。
 HPを見ると、ここ1カ月で10回以上、幼稚園やコミュニティセンターを訪問。幼稚
園児と遊んで一緒に給食を食べ、高齢者にストレッチ運動を指導している。写真のケンタ
はいつでもニコニコしてる。
 そういえば現役当時、試合後のお見送りでは遅くまで残ってサポと話し込んでいたな。
女性人気は一番だった。この仕事は「はまり役」だったのかもね。
 ▽スルーパス
 現役引退後、指導者になれる選手は一握り。多くは社会人として再出発する。子供の頃
からサッカー一筋で暮らしてきた強みはもちろんある。一方で弱みもあるのや。わしらお
やじサポは社会人の先輩として、そのあたりを肌で感じてるわけ。
 だから、ケンタの存在は小さくないのよ。
 それに讃岐は本気でJを目指すんやろ。県が出資することやし、もっと地域に貢献せん
とな。ケンタよ、どんどん幼稚園児にスルーパスや。








ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



前略讃岐サポ太郎様より7月30日その1

MIO_5851.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話

刺客人ユタカ参上!
 秘技・小太刀の舞

 刺客人ユタカただいま参上―。手練の秘技「小太刀の舞」を見よ。新加入のFW高橋泰
がデビュー戦を鮮やかなゴールで飾り、目の肥えた古参サポもうならせた。さあ今季こそ
、讃岐は夏バテせずに突っ走れるかな~。
 ▽DF3人斬り
 わしは、例によってゴールシーンのようつべ映像を繰り返し観た。
 ユタカはゴールを背に、3人の相手DFに囲まれていた。味方からの浮き球クロスを右
足を伸ばしてトラップ。ちょこんと前方に落として振り向き、右のつま先でポーンと押し
込んだ。
 相手DF1人は「振り向きざまのシュート」を止めようと飛び込んでかわされ、残る2
人のDFとGKは「今度こそシュートだ」と構えていたら機先を制されたみたい。
 刺客が包囲網に飛び込むと、流れるように小太刀を振るって瞬く間に3人を斬って捨て
た。そんなイメージや。
 ▽戦う気持ち
 スタンドの古参サポは「囲まれてたのに何がどうなった」と目を見張ったらしい。
 ユタカ自身はブログに「戦う気持ちは出せた。この結果にこだわるサッカーが大好き」
と書いている。FWは結果が問われてナンボという、肝の据わったタイプなんやな。
 いい意味で「遊び」の多い技巧派のFW木島とは、また違った個性のプレーヤーや。献
身的なチェイス、肉弾戦をいとわないFW西野の体調が早く戻るといいな。持ち味の異な
る3人が前線でどんなハーモニーを奏でてくれるか楽しみやで。
 試合後半に誰かがジョーカーとして入ってきても、相手守備陣はペースが変わるんで嫌
やろね。
 ▽ゲット・ソース!
 ところで、ブログによると、ユタカはデビュー戦後にお好み焼きを食べている。写真を
見ると、広島風のお好み焼き。関西風の多い高松市内で「おたふくソース」ののぼりを見
つけたんやね。J1広島でプロデビューして覚えた味やろ。
 で、このところ毎日の昼ご飯は讃岐うどんなんやて。冷やかけにイモ天、ちくわ天とか
馴染むの早いわ。舌と胃袋の適応力は問題なし。この分なら讃岐サッカーの消化も早そう
やな。
ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

前略讃岐サポ太郎様より7月30日その2

MIO_6009.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話

FWは波に乗る
 ダメ忠成も観たんや

 前回アジア杯の決勝戦で、見事なボレーを決めたFW李忠成(当時・広島)。実はわし、
李がダメダメだった試合も観たことがあるんや。FWは何がきっかけでブレークするか分
からないと、つくづく思うのよ。
 ▽前半で交代
 あれは、3年前の秋やった。広島の親戚を訪ねて高松に帰る途中、福山で天皇杯の2回
戦が開かれてたんでふらっと立ち寄った。カードはサンフレッチェ広島vsデッツォーラ島
根。社会人中国リーグに所属する島根と、広島の力の差は歴然としてた。
 李はスタメンやった。動きが鈍く、社会人相手にまともなシュートを打てない、ボール
が納まらない。半ばふて腐れているように見えた。前半限りでベンチに下げられた。この
シーズン、ずっと調子が上がってなかったから、もう見限られるかと思った。
 ところがその後、エース佐藤寿人らが怪我をした。他にFWがいないので使ったら確変
を起こした。その後の大活躍はご存じの通り。
 ▽当たり外れ
 FWって、波に乗るとドンドンいっちゃうものなんだろうね。MFやDFは安定したプ
レーをしてくれんと困るけど、どうもFWはそれだけじゃないような気がする。
 讃岐でいうと、いまは木島良輔が好調の波に乗っている。北野誠監督は、木島獲得に当
たって「環境を変えてやれば」と思っていたかもしれん。木島本人も努力を続けていたと
思う。とはいえ、FWの当たり外れはギャンブルみたいなところがあるよなあ。
 ▽ゾロ目待つ
 恒例の「夏バテ」を乗り越えて栄冠をつかむには、木島に続く確変FWが現れてほしい
ところ。さいころを振ってるような心持ちで見守ってるわ。
 えいやっ、ゾロ目出ろ!




ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

前略讃岐サポ太郎様より7月30日その3

MIO_6737.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話

天才は1日にしてならず
 ダメ柿谷を観たんや

 C大阪のFW柿谷曜一朗が日本代表で活躍しとるやないか。マスコミが「天才弾」とか
持ち上げてる。実はわし、高松に住んでた頃、鳴門で柿谷(当時・徳島にレンタル移籍中)
のプレーを観たことがある。いや、ひどかった~。全然走らん「王様」プレーに終始して
た。あれから驚くほど化けたんやね。
 ▽たらたらプレー
 2009年のことや。柿谷は右MFが持ち場やった。徳島勢は柿谷にボールを集めてた。
柿谷は足元でこねてはボールを奪われ、カウンターを食らってた。仲間が必死に走って自
陣に戻って守ろうとしているのに、柿谷はたらたらとおざなりの対応やったわ。
 もちろん、たまに鮮やかなドリブルやすごいパスを繰り出すのよ。しかし、カバーに走
るチームメートはたまったものじゃないと思ったね。美濃部直彦監督(現・JFL長野)
はよく我慢して使い続けたと感心するわ。
 翌年はかなりよくなってた。徳島が昇格圏プレーオフを争った2011年に観戦する機
会はなかった。
 ▽天才肌の若手
 走らない、守らない、天才肌のアタッカー。ボールキープ、攻撃センスに優れ子供の頃
からチームの王様で、大人になっても脱皮できない。こういう若手が、実はあちこちにい
るのかもしれない。
 かつて広島にこのタイプのドリブラーがいて、当時のペトロビッチ監督に長々とお説教
を食らったのはサポの間では有名な話や。
 ▽覚醒を待つ
 柿谷は覚醒した。信じ続けた徳島の監督や選手、サポは偉い。練習でのプレーを観て
「これは」と思ったんかなあ。理屈を超えた愛情やね。
 いま讃岐が誰かの変身を待っているのか、わしは知らんよ。

MIO_6663.jpg




ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

前略讃岐サポ太郎様より

MIO_5802.jpg
新加入 持留新作選手 背番号30
MIO_5807.jpg


帰ってきた
 おやじサポのわやな話

幽霊か、いやモッチーや
 攻撃SBの遍路旅

 ユタカの初スタメン・初ゴール映像を何回も見返していたら、シュートシーンにいるは
ずのない人物が映り込んでいることを発見した。夏だからって「小さなおじさん」や幽霊
の怪しい映像ではないよ。なんと、左SBのモッチーや。
MIO_5853.jpg

 ▽両翼アタック
 FW高橋泰がDF3人に囲まれながらシュートした瞬間、持留新作がDFの1人をブロ
ックしてる。さらに、もしGKが横っ飛びで弾いたら、こぼれ球を押し込もうとゴール前
に詰めていた。
 その時、右SBの吉沢佑哉も攻め上がっていた。よそのチームなら「両サイドが同時に
上がるな」と監督に怒られるかもしらんけど、讃岐はOKや。GKを除く10人が流動的
に動き回って相手チームを混乱させ、あちこちで「数的優位」な状況を作りだそうとして
いるのやから。
 もちろん「守備の司令塔」であるボランチ山本翔平がゴーサインを出し、持留の後方を
誰かがケアできてなきゃいかんよ。
 ▽激戦区SB
 この試合で持留は、ゴールに迫ったMFアンドレアの後ろから走り込み、FW木島との
ワンツーからシュートを放つなど面白い場面を作ってた。さすがはガンバ大阪ユース育ち。
J2長崎からレンタル移籍してきたばかりやけど、攻撃面ではフィットしそうやないか。
 課題は守りやろな。例えば吉沢は自慢の快足を生かしてる。さあ持留はどうするか。な
んせSBは激戦区。吉沢に天羽良輔、ベンチには堀河俊大が控えてる。試合終盤にFW西
野泰正が守ることもあるしね。
 ▽サッカー遍路
 2006年ユース選手権の優勝メンバーやったのにガンバ大阪に上がれず、J2愛媛で
なかなか出場できず、長崎がJ2に昇格したらJFL讃岐にレンタルや。
 一時は愛媛の下部チーム「しまなみFC」(四国リーグ)でプレーした。当時、讃岐と
対戦してるかもしれん。縁はあるな。
 サッカー遍路を続けよう。サポはお接待の心で見守ってるから。









ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

訂正・・前略讃岐サポ太郎様より

MIO_4027.jpg

MIO_4063.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話

本気の讃岐オシ
 リアルうどん県知事
 
 ケイゾー、ドドドン。わしはケイゾーさんにエールを送りたい。ケイゾーって誰や? 
リアル「うどん県知事」、香川県の浜田恵造知事ですがな。本気の讃岐オシやないか。
 ▽県議会で追及も
 浜田さんは、県議会内の慎重論を押し切って讃岐への出資を決めた。讃岐の新会長に就
任した大西大介氏は、浜田後援会の大幹部や。浜田さんは先日「うどん県副知事」のタレ
ント要潤さんと一緒に丸亀競技場を訪れた。
 出資後は讃岐の成績や経営が振るわなければ、県議会で追及されるんやで。野球やバス
ケットではなくサッカーを特別扱いする理由も常に問われる。それでも讃岐を推す意味が
あると、浜田さんは踏んだんやな。
 ▽瀬戸芸が呼び水?
 わしは、瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)の成功体験が呼び水になってるような気がするの
や。瀬戸芸は2010年に初めて開かれ、島々に90万人を動員した。県は裏方に回り、
地域住民と県外ファンや学生がボランティアで運営を担ったのがキモ。アーティストと住
民の交流は閉幕後も続いた。今年、瀬戸芸は2度目の開催中や。
 瀬戸芸を経験した県幹部の目には、サッカーが魅力的な「地域活性化ツール」と映った
と思うのよ。讃岐のサポは自己増殖的に仲間を増やし、ボランティアが試合運営を担って
るもんね。選手とも身近に交流してるし。
 ▽ユニにサイン
 実はわし、東京に引っ越す直前、ある会合でたまたま浜田さんとご一緒したんや。サポ
仲間から贈られたユニにサインをお願いしたところ、胸の「うどん県」ロゴの下にさらさ
らと書いてくれた。図々しく頼んでおいてなんやけど「へ~、柔軟やんか」と思ったね。
 これ、1年ちょっと前の話。今にして思えば、讃岐に注目してた可能性はあるな。
 今後、J2昇格の懸かった大事な試合でFWがシュートを外したら知事のクビが飛ぶ、
というのは冗談や。まあ、スタジアムで浜田さんを見かけたら温かく迎えたってよ。








ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

前略讃岐サポ太郎様より

MIO_6480.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話

関東サポの出番やぞ!
 天皇杯でジャイキリだ
 
 さあ、出番やぞ。関東サポの諸兄姉よ。9月8日(日)は天皇杯の2回戦でフクアリに
集まれ~。昨年のサガン鳥栖戦勝利に続き、今度はジェフユナイテッド千葉・市原を倒す
「ジャイキリ」を後押しするのや。今から日程を調整しといてよ。
 ▽虎視眈々と
 千葉はJ2でJ1昇格を争っている。MF佐藤勇人ら代表経験者、有名選手もいる豪華
メンバーや。地力では、明らかに千葉が上やな。
 しかし、や。北野誠監督の勝負師根性を考えると、今年も大物食いを虎視眈々と狙って
るね。勝てば全国ニュースですやん。知名度アップ、観客動員やスポンサー獲得に向け、
こんなチャンスはないもんね。
 勝ち目はないじゃない。前線からのプレスを90分間続け、守備ラインを押し上げて手
数を掛けずゴールに迫る。いつものショートカウンター戦術を徹底できれば、1度や2度
は決定機がめぐってくる。そこをFWが決め切れれば、勝負は分からない。
 千葉が「地方の新興チーム」とナメてかかってくれればありがたい。
 ▽「瀬戸の花嫁」練習を 
 わしは今季、アウェーの横河武蔵野戦と相模原戦に参戦した。関東サポが増えてる。2
0人~30人はいるな。けどまだ、地元からの遠征組の周辺でおずおずと声援を送ってる
感じや。遠慮せんでええがな。仲間やないか。
 この試合は、讃岐が千葉の攻勢に耐える展開になる。釜魂戦士が一瞬でも集中力を欠い
たらしまいや。スタンドをジェフ一色に染めさせ、声量で負けてはいかん。イレブンは見
てる、聞こえてる。関東サポの出番いうのは、そこや。
 夏休み明けは何かとバタバタしがちやから、早めに仕事や家庭の行事を調整しといてな。
あ、それから。選手入場時と試合終了時に歌う「瀬戸の花嫁」の練習も忘れずに。









ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
リンク
最近のコメント
プロフィール

讃岐のタヌキ

Author:讃岐のタヌキ
リンクフリー !!

たまたまかまたま!!
当分かまたま!!
我が香川のためにいったい何が出来るのか?
このブログを見てたった一人でもいいから
「香川に遊びに来たよ~」
そんな些細な夢を叶えるために今日も微力ながら
頑張り続けてきましたがしばらくは
カマタマーレ讃岐の応援に専念します。

最近の記事
神の一球
真夏の香川を舞台に繰り広げられる、涙の野球ファンタジー。
【送料無料】神の一球

【送料無料】神の一球
価格:1,050円(税込、送料別)

おすすめ
最近のトラックバック
神の一球
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星が見える名言集
ブロとも申請フォーム
Book Mark !
フリーエリア
データを読み込み中です。
カテゴリ

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ