FC2ブログ

RSKのニュース

春日川 008

今日のRSKのイブニングニュースの中での北野監督のインタビューを見た。

イビチャオシム氏からの言葉「監督は俳優でなければいけない」

たぶん北野監督にレンズを向けたほとんどの人が感じたであろうことの答えだったように思います。
「俳優を意識している」レンズ越しの彼は常に見られていることを意識していたように思う。
試合中はもちろん練習中でさえ常に何かを演じていたように思う。

ただそのこととは別に,RSK山陽放送の上から目線の発言に私は心地よさを感じてしまっている。Sなの?
もちろん山陽放送は岡山のテレビ局だからファジアーノ岡山を、日本サッカー界のカテゴリー組織図を見ながら
我がファジアーノ岡山と呼び,カマタマーレ讃岐はそのひとつ下のJFLと表現。

私は前々からファジアーノ岡山は我がカマタマーレ讃岐の一歩も二歩も前を行く目指すべき存在であることをこのブログのなかで述べてきた。・・ようなきがしてます。
そして瀬戸内海を挟んだ岡山のテレビ局がなければ、悲しいかな西日本放送だけの寂しい民放生活を送らねばならないことをも自覚しているから決して岡山のテレビ局の悪口は言わない。で!つまりその??未だ我が香川のサッカー事情は岡山と肩を並べるまでもいかない、二歩遅れていたのがようやくのことあと一歩に迫ってはいるけれど、まだまだであると認識しなければならない!!そのことを上から目線的発言を聞いて奮起せねばいけないのではないかと。香川はJと言うサッカーの世界において岡山にも徳島にも愛媛にも立ち遅れているんだよと県民の皆様に檄を飛ばさねばならないように感じております。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/01/10 20:33 ] 2011 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagawa88.blog56.fc2.com/tb.php/2357-fdb843b7