前略讃岐サポ太郎様より

_MG_3988.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話⑩

元代表、お風呂で熱く指導
 登場、名参謀ウエミー

 国内最高峰とはいえアマチュアのリーグに
所属する地方の街クラブで、元日本代表の名
選手がコーチを務め、選手と一緒に風呂に入
り、うどんをすする―。う~ん、なかなかで
きることじゃないよ。
 ▽まさに右腕
 J2ロアッソ熊本からやってきた上村健一
ヘッドコーチ(HC)は、北野誠監督がコー
チとしては珍しい「異例」のレンタルで引っ
張ってきた。熊本で指導していたころの選手
で「資質」を見込んでいたらしい。
 JFLでは毎週半ばに週末対戦するチーム
の試合録画が届く。それを分析して対策を提
言するのが上村HCの役目だ。去年までは北
野監督が自らDVDを観ていた。
 上村HCは毎日の練習を直接指導し、高松
市内のスーパー温泉「あかね温泉」で選手と
一緒に湯に浸かり、あれやこれや相談に乗っ
たりアドバイスしたりする。
 試合になると、監督の意向を受け途中交代
で投入される選手にピッチボードを片手に具
体的な指示を与える。
 まさに右腕。お陰で監督は「いい意味で少
し距離を置いてチーム全体を見ることができ
ている」(チーム関係者)というで。
 ▽苦労が糧に
 現役時代はハードマークで鳴らした名DF。
長く広島で活躍した。アトランタ五輪に出場
し、日本代表にも選ばれた。
 経歴を見て驚いた。選手生活晩年には社会
人関東1部だったYSCCに所属し、全国地
域サッカーリーグ決勝大会(地決)でプレー
したことがある。さらにJFLだった熊本へ
に移籍し、J2に押し上げて現役生活を終え
た。
 こうした苦労が指導者としての「糧」にな
ってるんやろな。語り口は訥々として穏やか
、選手を細やかに観察してる。「最近ちょっ
と気が緩んでる」「ベテランはそこで追い込
まないと」と鋭く分析し、個別に声を掛けて
いく。DF野口・波多野の急成長の影にこの
人ありなんやろ。
 下部カテゴリーへの移籍にもかかわらず、
村上HCは「トップチームの指導はやり甲斐
がある」(同)と前向きなんやて。
 ▽DNAを継ぐ男
 熊本県出身で本籍地はロアッソ。けど、讃
岐で半年間毎日うどんを食べてたら、そろそ
ろ血管をだし成分が流れ始めたやろ。
 まだ先の話やけど、いつかは名将・北野監
督もチームを去る日がやってくる。実績を挙
げれば挙げるほど、J1、J2の他チームに
狙われかねない。
 サポとしては、北野DNAを受け継ぐ指導
者がいてほしいところ。ウエミーよ、ハマチ
も骨付鳥もうまいけん。

_MG_3871.jpg




↓ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/06/18 21:22 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

鍵コメ様
鍵コメじゃくてもいいような気がしますがv-398
とくに・・
>その人柄、本当に素敵やと思うのです。
[ 2013/06/18 21:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagawa88.blog56.fc2.com/tb.php/3219-af99cc78