前略讃岐サポ太郎様より

_MG_1726.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話⑭

勢力拡大、女性も跳ねる
 サポ、ブレークの予感

 雰囲気が変わった。アウェー遠征の応援団や。人数が10人程度から3倍以
上に増え、若い女性も加わった。皆がハイタッチや握手を交わしながらキャー
キャー声援を送ってる。「ゆる熱(あつ)」でとってもいい感じ。ぷんぷん匂
うな。讃岐サポにブレークの予感や。
 ▽微笑ましく
 SC相模原戦のバックスタンドをのぞいてみた。30人ほどが薄青色のユニ
を着て、ドラムのリズムに乗ってチャントを歌っていた。相模原の応援団に規
模、声量とも負けてなかったね。関東在住者と思われるサポもいた。
 スリングで赤ちゃんをだっこしながら応援してるお父さん、隅っこで旗を振
り回してる子ども、薄青色のへそ出しTシャツ姿で飛び跳ねる女の子―。勝利
の凱歌は、もちろん「瀬戸の花嫁」。試合後にはホームの応援団に相模原コー
ルを送った。
 みんな一生懸命応援してるんやけど、やっぱりどこかゆるい。初めて観戦す
る人が見ても微笑ましく、好感を持たれるんやないか。地域決勝大会(地決)
を戦ったころの、どこか悲壮感が漂う応援ぶりより、正直ずっといいと思う。
 ▽どっぷり沼へ
 若い女性たちは「リョータかっこいい」などとイケメン選手の応援から入っ
て深みにはまったらしい。相模原まで車で片道7時間かけて遠征してるんやか
らね。休日に彼氏とデートするよりも、こっちの方が楽しいというんやから、
実にありがたい。
 古参のオッサン連中いわく「アウェーでも昔の生島並みの応援でしょ。成長
したんですよ」。その通りやな。頭が下がります。
 サッカーの見方も相変わらず鋭い。「キジや大沢の個人技頼みのチームにな
っちゃってる」「久しぶりに先発したGK家木は試合勘が戻ってない。その点
はDF陣も心得てるけど」と、わしにあれこれ耳打ちしてくれた。
 若いサポになんやかんやと声を掛け、三つどもえ優勝争いの見どころを解説
したりしてた。貴兄ら、ちゃんと分かってるやないか。初心者には優しく接し、
底なしの泥沼にどっぷり浸ってもらわんとな。
 ▽後はきっかけ
 かつて松本山雅のサポはバス2台で丸亀にやってきて、ゴール裏を緑色に染
めた。長崎サポは20人位が応援にきてた。町田もそんなものか。J2昇格前
の3チームのサポと比べると、松本には及ばないものの、長崎、町田に負けな
い勢力に育っているんじゃないか。
 ホームの観客動員は苦戦してるけど、コアの熱気はそこそこある。しかも、
家族的で初心者も溶け込みやすい「ゆる熱(あつ)」という独特なカラーを育
んでいる。いったんサポの輪が広がり始めたら、これは一気にいくで。後はき
っかけと段取りやな。
 讃岐ウォッチャーとして、わしの鼻は悪くないと思うよ。古くはSB吉沢、
最近ではDF野口のブレークを言い当てたやん。次に来るのは12番目の選手
じゃないか。そう、この文章を読んでるアナタよ!

TN0_4499.jpg

TN0_4500.jpg

TN0_4503.jpg






↓ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagawa88.blog56.fc2.com/tb.php/3235-5f3e6e25