FC2ブログ

前略讃岐サポ太郎様より

DSC_0789.jpg

帰ってきた
 おやじサポのわやな話⑳

戦う黒子
 ボランティア

 誰よりも熱心なサポーターでありながら、ホームの試合を落ち着いて観ることはない―。
それがスタジアムで設営やもぎり、案内、後片付けに携わるボランティアスタッフや。常
時30人ほどが黒子に徹してくれているから試合が開催できる。首位争いを繰り広げ、J
2昇格の夢を語ることができるのは、彼らの下働きがあってこそや。
 ▽ふかふか芝生
 ボランティアスタッフの朝は早い。午前9時半にスタジアム集合や。控え室で簡単な打
ち合わせがあり、熊野実社長があいさつ。クビからぶら下げるカード、ビブスが渡される。
 まずは設営や。場内に切符売り場などのテントを立てていく。のぼりを周辺の駐車場な
どに掲げる。ピッチに支援企業名を大書した宣伝ボードを運び込む。ゴールを何人かで持
ち上げて据え付ける。これが結構重い。
 ピッチに足を踏み入れると、芝生はふかふかに柔らいんだ、ピッチって広いんだと実感
する。丸亀でスタンドを見上げると、ここは3万人収容のプロ仕様だと改めて思う。
 ▽子供殺到 
 11時前になると、観客が入場ゲートに並び始める。もぎり係、切符販売、場内案内、
グッズ売り場に散らばる。チームから昼食の弁当を支給されるんやけど、忙しくて控え室
に戻って食べられないことも。交代で食べるには少し人数が足りない。入場者が5000
人を超える日は、周辺の渋滞や駐車場からの遠さに苦情を受けることもある。
 キックオフ後、全員がスタンドで観戦できるわけじゃない。入場ゲートや切符販売、グ
ッズ売り場を無人にできないからね。
 グッズ売り場の意外な売れ筋はサインペンと色紙。子供たちが小銭を握りしめて殺到す
る。試合後に選手のサインをもらうためや。
 試合が終わると、もろもろの後片付けに加えて、あちこちに設けられたゴミ袋を集め、
ざっと掃除する。プラスティック容器や割り箸、ペットボトルのゴミが膨大に出てくる。
 ▽ぐったり
 午後4時すぎに解散。わしは2度参加したことがあるけど、終わるともうぐったりや。
スタジアムにいるのに試合をゆっくり観ることができない。休日に丸1日拘束される。ホ
ームゲームのたびに参加しているメンバーには、ホントに頭が下がる。
 できれば、もう少し多くのサポが年に1度でも参加してくれるといいと思う。奈落の底
で支える黒子なくして、舞台の役者は輝けない。ボランティアをやると「一緒に戦った」
感が味わえる。試合当日のスタジアムを裏側からのぞくのは刺激的な経験だと思う。正直、
手慣れた固定メンバーへの依存度が高すぎるようにも思うのや。
 どうや、あなたもおいでまいよ。新人さん歓迎します。夜の打ち上げの生ビールがいつ
も以上にうまいことは保証するけんな。






↓ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム








管理者にだけ表示を許可する






リンク
最近のコメント
プロフィール

讃岐のタヌキ

Author:讃岐のタヌキ
リンクフリー !!

たまたまかまたま!!
当分かまたま!!
我が香川のためにいったい何が出来るのか?
このブログを見てたった一人でもいいから
「香川に遊びに来たよ~」
そんな些細な夢を叶えるために今日も微力ながら
頑張り続けてきましたがしばらくは
カマタマーレ讃岐の応援に専念します。

最近の記事
神の一球
真夏の香川を舞台に繰り広げられる、涙の野球ファンタジー。
【送料無料】神の一球

【送料無料】神の一球
価格:1,050円(税込、送料別)

おすすめ
最近のトラックバック
神の一球
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星が見える名言集
ブロとも申請フォーム
Book Mark !
フリーエリア
データを読み込み中です。
カテゴリ

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ