FC2ブログ

前略讃岐サポ太郎様より

SHO_4107.jpg


SHO_4094.jpg



帰ってきた
 おやじサポのわやな話

新橋で偵察活動してみた
 鳥取・香川のアンテナ店

 「生島での今季最終戦に鳥取のコーチが偵察に来てた」とサポ仲間が噂してた。あり得
るな。今ごろは讃岐も鳥取の試合ビデオを入手して、あれこれ分析してるはずや。情報戦
はいまがたけなわ。そこでわしは、東京・新橋に軒を並べる両県のアンテナショップを偵
察し、両チームを育んだ郷土の食文化、名産品から入れ替え戦のポイントを探ってみた。
 ▽松葉がにシュート
 まずは「食のみやこ鳥取プラザ」から。店頭に発泡スチロール箱が置かれ、旬の「松葉
がに」が何杯も並んでた。いきなりの強烈シュート。
 ズワイガニの成長した雄を松葉がにと呼ぶそうや。「ぎっしりと詰まった身と上品なう
まみを楽しめる冬の味覚」(県公式サイト)なんやて。
 ちょうどカニ漁シーズンにお邪魔する讃岐サポは、試合前に「甲羅を割る」「爪を折る」
「身をしゃぶり尽くす」という儀式を忘れてはいかんで。
 店内には、鳥取砂丘で知られる丘陵地で栽培されたという梨や長芋が置かれてた。スト
ラップ、マグカップ、手ぬぐいとゲゲゲの鬼太郎グッズも充実してた。
 印象としては、ストロングポイントをこれでもかと打ち出してたな。
 ▽うどんで手堅く
 次は香川、愛媛両県が運営する「せとうち旬彩館」や。ショップに入ると、家庭用の讃
岐うどんパックがずらり。いわゆる老舗、名店のブランド名が入った商品が目を引いた。
カレーうどん用の特製ルーや、業務用の麺まで売ってた。うどん県挙げての組織戦に、名
店の「個」の力をうまくミックスしてる感じや。
 首都圏でも女性ファンが多い和三盆糖、知る人ぞ知る伊吹島のいりこ、小豆島のしょう
油とそうめん、オリーブ。定番で手堅く攻めてるわ。
 ▽グッズなし
 人口が一番少ない鳥取県と、面積が最も狭い香川県。それぞれ工夫して頑張ってる。ア
ンテナショップの戦いはドローが妥当やろ。
 ところで、両店ともガイナーレ、カマタマーレの関連グッズは置いてなかった。入れ替
え戦のポスターも見当たらず。残念。
 例えば銀座にある広島県のアンテナショップ「TAU(たう)」にはサンフレッチェと
カープのグッズ、地元のスポーツ雑誌・新聞がそろってる。
 ガイナーレ、カマタマーレの認知度はまだまだ低いんやな。ショップ偵察で「入れ替え
戦へ」というより「その後の課題」が見えてしもうたわ。サポには何ができるんやろう。
新橋で飲みながら考えるとするか。






ポチッと押して頂ければ非常に・・感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagawa88.blog56.fc2.com/tb.php/3363-c5f68bfa