FC2ブログ

吉澤選手へのメッセージ!

SHO_1487.jpg
みうら様より吉澤選手へのメッセージをお預かりしたので掲載させていただきます。どうか吉澤選手が読んでくれますように




吉澤佑哉へ

背番号10は、上手い奴でも人気がある奴でもまして王様が付けるものではない。
背番号10とはチームの象徴(シンボル)であるべきだ、というのは私の持論で。

貴方のことを知ったのは6年前の春でした。
地元のチームに鹿島から選手が来る。
Jリーグなんてあくまで将来的な夢としか捉えていなかった私は、貴方の背番号10を見て心躍ったのを覚えています。

初年度のシーズン中にトレーニングを見学しました。
各選手いろんなトレーニングウェアを着ている中で貴方のエンジ色は凄く目立っていました。
練習中、大きな声で要求を繰り返しながら、どこかもどかしそうで、練習後も一人帰路に就く貴方を見て『元J1ともなると孤高だなぁ』と思っていました。


そんな年の暮れ。地域決勝予選2戦目、相手はVファーレン長崎。
0-2の完敗。
終了の笛とともにうなだれる選手の中で、貴方だけは泣きじゃくってなかなか立てずにいましたね。
孤高でもなんでもなく、貴方はただチームの誰よりも勝利に餓えていただけでした。
私はこの選手はきっとチームをJに連れて行ってくれると確信しました。
Jを目指す俺らのチームの10番は吉澤佑哉しかいないと。

地域決勝の後日、スポーツ用品の即売会でサイン会で私は生後半年の息子を抱いて貴方にサインを貰いました。
JFL昇格祝勝会で、たまに練習を息子と見に行っていたのを覚えてくれていた時は本当に嬉しかった。



あれからもう6年。息子も6歳だ。長かった。本当に長かった。

ヨッシー。
戦力になれたかは分かりません、とか言うなよ。
何度ありがとうって言っても足りねぇよ。
どこ行ったってヨッシーは俺らの英雄だ。

ヨッシー。
俺の息子、去年からサッカー始めたんだよ。
ヨッシーのおかげで香川にサッカー少年が少なくとも1人増えたんだぜ?
ドン臭くて、とてもじゃないけどヨッシーみたいにはなれそうもない。
でもどんな小さな、どんな弱いチームでもいいから10番を付けれるような奴になれとは教えてる。
吉澤佑哉のように。


SHO_4044.jpg




TN0_3813.jpg






ポチッと押していただければ、非常に感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

この度は自分の稚拙な文を掲載いただきありがとうございました。
タヌキ様の素敵な写真のおかげで救われました。
SHIBA母様もありがとうございます。
いつか吉澤選手に届くよう祈っています。

ありがとう

あの当時、アントラーズから来ると聞いて、どんなにうまい選手なんだろうと思ってたけど、確かに技術はあったけど、それよりも本当に闘志のある選手だなと、さすが元J1選手だなと感じたのを覚えてます。
これからのご活躍を願っております。

ありがとう

みうら様、メッセージありがとうございます。
私の心境もほぼ同じ。春野のピッチで号泣する吉澤選手の姿が、私にとって 「カマタマーレの10番 吉澤 」の原点です。

吉澤選手、今シーズンお疲れさまでした。タヌキさん、掲載に感謝!

SHIBA母様・みうら様・Dave様
コメントありがとうございます。

12月14日めっちゃ寒かったカマタマーレ讃岐2013最終トレーニング後
吉澤選手は笑顔で握手してくれました。
「いっぱい、いい写真撮ってくださいね」と逆に励まされました。
きっといつかどこかでまた会える気がします。

頑張れ吉澤佑哉!2008-2013カマタマーレ讃岐・背番号10


トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム








管理者にだけ表示を許可する






リンク
最近のコメント
プロフィール

讃岐のタヌキ

Author:讃岐のタヌキ
リンクフリー !!

たまたまかまたま!!
当分かまたま!!
我が香川のためにいったい何が出来るのか?
このブログを見てたった一人でもいいから
「香川に遊びに来たよ~」
そんな些細な夢を叶えるために今日も微力ながら
頑張り続けてきましたがしばらくは
カマタマーレ讃岐の応援に専念します。

最近の記事
神の一球
真夏の香川を舞台に繰り広げられる、涙の野球ファンタジー。
【送料無料】神の一球

【送料無料】神の一球
価格:1,050円(税込、送料別)

おすすめ
最近のトラックバック
神の一球
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星が見える名言集
ブロとも申請フォーム
Book Mark !
フリーエリア
データを読み込み中です。
カテゴリ

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ