前略讃岐サポ太郎様より

TN0_3568.jpg


帰ってきた
 おやじサポのわやな話

ごっちゃん連打!
 復活へ旅立つヒデ
 
 嫌な季節がやってきたな。毎年の恒例行事とはいえ、応援してき
た選手がチームを離れる姿を見るのは寂しいものや。けど、旅立つ
ことでよみがえる選手もいる。ヒデは来季、もう一花咲かすで。
 ▽遊び心
 FW石田英之の3年間を振り返ろう。JFL昇格初年度にJ2の
カターレ富山から移籍。J1京都からやってきたFW西野泰正とと
もに「昇格請負人」と期待された。
 1年目は左・石田、真ん中・西野、右・岡本秀雄(現レノファ山
口)で3トップを組んだ。西野がポストプレーで軸となり、石田と
岡本が快足を飛ばしてダイナミックに敵ゴールへ迫った。
 真骨頂を発揮したのは2年目。石田は13得点でチーム得点王に。
讃岐を前年の11位から4位に引き上げた。「お家芸」のショート
カウンター戦術がはまったシーズンやった。
 ヒデは左ウィングから、クロスやゴール前のこぼれ球に鋭く反応。
ドリブルで持ち上がって好機を演出することも多かった。
 いつの間にか右サイドに流れ、ゴール前に鮮やかなクロスを上げ
てみせたことも。そりゃノーマークだわ。遊び心に笑ったよ。
 ▽ジョーカー
 今季はなかなかスタメンで出られなかった。春先は新加入のMF
大沢朋也がテクニシャンぶりを発揮、夏以降はMFアンドレアが屈
強なフィジカルで左サイドを突破した。
 ヒデは試合終盤の「ジョーカー」役に回った。息切れして押し込
まれると、ヒデが突進して相手を押し返したのや。入れ替え戦の第
2戦では、味方1人退場のピンチできっちり役目を果たした。
 ジョーカーとして何ゴールかできればよかったとは思う。その辺
は試合勘の問題があったのかと想像してる。
 今季、下位チームは讃岐強しとみて、引いて守ることが多かった。
こうなるとヒデが突っ込んでも「壁」ができてる。一方で選手層が
厚くなり、中盤でつなぐ時間帯も増え、戦い方の幅は広がった。
 皮肉なものや。ヒデがチームを強くしたら、自身の出番は減った
。ヒデではなく、讃岐が変貌したのや。
 ▽ごっちゃんゴール
 リーグ戦終盤の栃木戦で久々に先発し、遅ればせながら今季初ゴ
ールを挙げ、31歳になっても90分間走れるところを見せてくれ
た。実績からすると、二桁得点を期待できるFWじゃないか。
 讃岐での使命は終わった。けど、ヒデがほしいというチームは必
ずあるやろ。サポに愛され、練習でも手を抜かんし。
 実はわし、入団直後にサインをもらったことがある。「ごっちゃ
んゴール!」と書いてよこした。「炎のストライカー」を自称して
るけど、こっちが本音かと思ったものや。とぼけたやっちゃ。
 来季はごっちゃん連打のニュースを待ってるで。
2011 沖縄戦 371

<

ポチッと押していただければ、非常に感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/12/18 09:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagawa88.blog56.fc2.com/tb.php/3390-29e15c7a