上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリスマス当日・讃岐サポ太郎様より

TN0_2218.jpg


帰ってきた
 おやじサポのわやな話

驚きの万能プレーヤー 
 トノ主将、危機救う

頑固一徹の生涯ポストプレーヤーかと思っていたら、驚きの万能
選手としてチームの危機を救ってくれた。Jで実績のある主将がポ
ジションにこだわらず、控えもいとわずやから、チームが結束する
のは当然や。トノの貢献度は大きいわ。
 ▽コンバート
 リーグ戦の後半、右SB吉沢佑哉が不調に陥ると、FW西野泰正
が穴を埋めた。Jの京都でSBにコンバートされ、讃岐でFWに
復帰した経緯があるから、ここまでは分かる。
 CBの人繰りが厳しくなると、CB野口遼太の相棒を務めた。入
れ替え戦の第1戦で、CBとして先発したのにはびっくりした。
 第2戦には、FWとして途中出場した。ようすんなりと頭が切り
替えられるものやな。
 ▽視野
 数年前、ある選手に聞いたことがある。「ポジションが変わると
、ピッチで見える風景がまったく変わるんですよ」。例えば右サイ
ドの選手の視野は左方向に広がり、真ん中の選手は前後左右に目を
配るらしい。
 プレーも変わる。CBのヘディングは前方から飛んでくる相手ボ
ールを跳ね返すのに対し、FWのヘディングは後方からの味方ボー
ルに頭で触って角度を変えゴールを狙う。
 視界が変わり、求められるプレーが変わっても、トノは対応した
わけや。
 ▽守備意識
 元来は典型的なポストプレーヤー。前線で相手DFを背負って、
味方ボールを納めて攻撃の基点となる。加えて守備意識が高く、ボ
ールを持った相手DFを追い回し、自由にパスを出させない。
 JFLで、相手ロングボールによる失点がほとんどなかったのは、
前線の抑えが効いていたからや。
 トノは守備意識が高い上に、基本技術が優れているから適応でき
たのやろ。ゆうたら、かけで食べても、ざるでも釜揚げでもうまい、
しっかり打った讃岐うどんみたいなもんやなかろか。
 ▽執念
 JFLでの1年目と2年目、J2昇格の可能性が消えるたびに、
トノは試合後のピッチに座り込んで無念そうな顔をしてた。今回
「何が何でも」という気持ちは誰よりも強かったのではないか。
 「執念」こそが驚きの活躍を可能にしたのかもしれない。来季は
FWとして勝負するのか、ユーティリティーの道を究めるのか、本
格的なコンバートに挑むのか―。
 切符をつかんだのはトノ自身なんやから、好きにしたらええわ。
わしら、「西野屋」のうまさは信頼してるもん。

TN0_2290.jpg








ポチッと押していただければ、非常に感謝
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagawa88.blog56.fc2.com/tb.php/3399-bc927363