前略讃岐サポ太郎様より104

帰ってきた
 おやじサポのわやな話

=「2014 イヤーブック」を読む(1)=

ホネとコシ
 走れ 原点へ

 苦しい時は原点に返れ―。これはビジネスや勉学にも通じる鉄則
やろ。そこで、わしは「2014 イヤーブック」を読み返してみ
た。北野誠監督のインタビュー内容から、今季序盤の誤算と課題が
見えてくると思うのや。
 ▽堅守速攻を継続
 基本路線は、JFLの3年間で培った「堅守速攻」の継続。北野
監督は「前線にタレントが揃っているんだから、早くボールを預け
た方が点を取れる確率は高い」とはっきり言ってる。
 今季から元日本代表のFW我那覇和樹、J1・J2で実績のある
FW高橋泰、MF高木和正がチームに加わった。ボールを奪ったら、
手数を掛けずに前線へ。狙いはシンプルなんやな。
 ▽ベースは走力
 我那覇らを生かすキモは何か。北野監督は「なんといっても運動
量が必要」「しっかり全員で守って、しっかり全員で攻める」と語
ってる。この言葉をわしなりにかみ砕けば、とにかく皆で走り回り、
ボールを奪ってつなごうやと。
 では現状がどうかといえば、走力をベースにした「全員守備・全
員攻撃」が実践できているとは、残念ながら言えそうにないな。
 ▽サポは歯がゆく
 多くのサポが歯がゆさを感じている。もうちょっとチャレンジし、
もうちょっと走れないものか、という素朴な思いや。
 イヤーブックの発言から想像するに、北野監督の悩みとも大筋で
一致してるんじゃないか。選手たちはどう受け止めているんだろう
。苦しいと思うが…。骨付き鳥のホネ、讃岐うどんのコシを発揮す
るのは、いまなんやぞ。

SHO_0087.jpg



↓もっともっとカマタマーレ讃岐で楽しもう!!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagawa88.blog56.fc2.com/tb.php/3514-9a5fda20