前略讃岐サポ太郎様より115

DSC_4343.jpg


帰ってきた
 おやじサポのわやな話

捨て身ゼロゼロ
 猛犬を翻弄

 あっと驚くゼロトップ、ゼロサイドバック―。捨て身の戦いがJ
2の強豪・千葉の猛犬軍団を翻弄した。「讃岐チキタカ」がバージ
ョン・アップして帰ってきたで。
 ▽変則布陣
 スタンドから観て、変則的な布陣にびっくり。DFは3人、ボラ
ンチが2人、その前で4人が横列に並び、FWはアンドレア1人。
アンドレアは左右に流れてドリブル突破やクロスを狙うから、前線
にFWはおらんのや。2列目の両サイドがアンドレアを支援し、中
央のFW西野泰正、MF綱田大志がゴール前に飛び込んだ。
 千葉のCB2人はゴール前から離れられるわけにもいかず、千葉
のCBを除く8人と讃岐の10人がルーズボールを争ったわけや。
トノ、タイシが得意のつぶしに走り回ってリズムをつかみ、讃岐勢
は躍動した。
 ▽撒き餌
 一方、自陣ゴール前には3人のCBが構えた。なぜか本来SBの
武田有祐が3人の真ん中に構え、両サイドにSBはいなかった。
 後半、地力で優る千葉に押し込まれ、武田布陣の謎が解けた。千
葉のFWケンペスらがサイドに侵入するたびに、武田が猛ダッシュ
してパスワークを寸断したのや。止めまくった結果、合計35本の
FK・CKを浴びたものの、3人のCBを中心によってたかってゴ
ールに蓋をし、ギリギリで跳ね返し続けた。
 この間、途中投入されたFWアラン、高橋泰がカウンターの機会
をうかがい続けた。空いた両サイドはリスク覚悟の「撒き餌」だっ
たのか…。
 ▽躍動感
 FWとSBを置かない。かなり無茶な戦い方やけど、無茶だから
こそなのか、イレブンはこれまでになく走り回ってた。波状プレス
を仕掛け、こぼれ球を追い続ける。持ち味の躍動感がようやく戻っ
た。
 試合後のゴール裏は、ほっと安堵の笑顔だったよ。わしも、この
クオリティーのうどんを提供し続けることができれば、この店はや
っていけると思ったね。



頑張れカマタマ!!
↓↓今度こそ勝利のために、みんなで応援しよう↓↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagawa88.blog56.fc2.com/tb.php/3552-8b576e0b