回顧録 N田会会長漫遊記

KA1_3639.jpg

大好評だった!N田会会長漫遊記!!
イチさんから、ちょっと説明不足とのご指摘を受けたような・・
というわけでN田会会長漫遊記プレイバック!!

N田会とは?
カマタマ第三勢力と書いてしまいましたが、その実態は依然として不明なのです。
構成員さえ、ほとんど憶測なのです。
風の噂ではあの「木○選手」も入会しているとかいないとか??
もちろん讃岐のタヌキは準構成員!?・・・ではありませんけど。

KA1_3642のコピー
↑この写真の奥に写っているのはN田会会長の同級生のK氏。
ご存知の方もいらしゃるかもしれませんが・・・鬼誠会の会員さん。
N田会会長さんもじつは鬼誠会の会員さんなのです。
すなわちこのバスは鬼誠会の応援バスなのです。
で、私は?と言えば鬼誠会の会員ではないのですが、カメ友が自家用車で参戦ならば便乗するつもりだったのですが
フェリーと電車で行きますからと駄々をこねてたので、流石に乗り換えの多い旅だと、ひょっとしたらたどりつけない?
たぶん太陽の塔の夕景をひたすら撮り続けていそうなので、急遽バスツアーにねじ込んで頂いただいたのです。鬼誠会の会長さんに感謝!
で↓こちらの写真はこちらもご存知、鬼誠会の○中さん。○中さんと言ってもスポンサー様のマルナカ様ではありません。一見、しょーもないことばっかり言っているN田会会長さんをしばいているところみたいですが、よくご覧いただけるとお分かりいただけると思いますが、車外の風景は流れているのに○中さんの右手はぶれてません。要するにやらせ写真なのです。
KA1_3717のコピー

でバスは競技場に到着↓
KA1_3780のコピー
で撮った写真で気づいたのですが最初ビールだったのが途中から発泡酒に変わっとりました。
要は酔えればいいだけどうせ味などわかりませんから競技場についたのにまだ飲んでました。
酩酊状態まであとどれだけ飲めば
KA1_3768.jpg


気がつくと鬼誠会の皆様はすでに出陣準備完了↓
KA1_3786のコピー


↓家木氏の出迎えもあり・・
KA1_3800のコピー
↓さっそうと旗を抱えるN田会会長。何故か誇らしげに担いでいる姿が秀逸!二枚写真があったのですがこちらを選択
KA1_3807のコピー
↓あまり変わりませんが没になったもう一枚の写真
KA1_3803のコピー


現地(敵地)でカマタマ同志に出会うのはメッチャ楽しいね。
KA1_3809.jpg



頑張って応援している風景ですが
KA1_4002のコピー

KA1_4085のコピー
こんな写真も↓・・・・ネトルカモ!
KA1_4054のコピー















で、今回ちょこっとだけ真面目に試合終了直後のサポーターさんたち画像↓
KA1_4184.jpg
1-4で負けた直後の写真。彼らの前には選手たちが並んでます。


選手の一人チャオ高橋氏のブログで

「正直挨拶に行ってみんなの顔を見るのがきつかった。
けど、カマタマーレコールを連呼してくれるみんなを見て、グッとくるものがありました。
悔しがってる場合じゃないと。
この悔しさを少しでも早く結果として出すためにも前を見ないと!」


しっかりと彼らの顔を見てその胸に刻んでいていてほしい。彼らは最後の最後まで精一杯あきらめずに応援してますから。





KA1_4179.jpg

・・・酔っぱらいのおっさんの顔は無視してくださいね









もはや飲みすぎでほとんど覚えてませんが帰りです。
KA1_4225のコピー
流石に、疲れたのか・・この写真を最後に多分私は寝たのでしょうね。バスツアーはめっちゃ楽しかったです。
是非ともまた行きたい
KA1_4255のコピー
↓これは三日後?の丸亀!!やっぱり元気です。今カマタマに必要なのはこの不必要なまでの元気なのかも
KA1_4414.jpg
まさかのN田会に入りたい人がいても讃岐のタヌキには声をかけないでくださいませ。一切は夢幻!闇の組織なのかも
長々とご愛読、ありがとうございました。





頑張れカマタマ!!
↓↓今度こそ勝利のために、みんなで応援しよう↓↓↓見逃すな歴史的勝利の瞬間を!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/05/09 19:24 ] 魅惑のさぬき新田会! | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/05/10 18:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kagawa88.blog56.fc2.com/tb.php/3575-e0145eaf